ロジャーフェデラー 17大会連続決勝進出で優勝

x夏のUSOPENシリーズの開幕戦
トロントのロジャーズカップ 決勝戦
画像

ガスケが1セットを取得して面白くなったかと思ったが
やはりそこはロジャーフェデラーあっさり2,3セットを取って
トロントを制した。8月8日に25歳になった誕生月を祝った。

2-6,6-3,6-2。準決勝のゴンザレス戦も2セット目の調子が
おかしくてタイミングがずれている感じだったがこの日も
セットによる出来不出来が激しい。久しぶりということなのか?
あるいはどこか体調がおかしい、またはテニスエルボーとか
手首とか。でも仕草からは感じられないので単なる調子
なんでしょう。

これで今年は62勝4敗(4敗はナダルだけ)ナダルと2人では
マスターズシリーズ優勝を15大会中13勝もあげている。

USOPENまでこのままハードコートで勝ち続けそうな
雰囲気はありますね。最近はショートアングルへの
フォアハンドにも磨きがかかってダウンザラインの
エースとのコンビネーションでさらに楽に展開できて
いるように思われます。

フェデラーのハードコートでの記録は
2005-2006で84勝2敗 昨年は50-1
今年が34-1だそうです。(ATPのサイトから)

ラファエルナダルはトーマス ベルディッヒに準々決勝で
1-6,6-3,2-6で敗れています。

来週はシンシナティーマスターズです。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック