ラファエルナダル 全仏 3連覇

ラファエルナダル VS ロジャーフェデラーの昨年に続く全仏ファイナルは
6-3, 4-6, 6-3, 6-4 でラファエルナダルがストロークで圧倒。三連覇 来年ボルグの持つ記録4連覇に挑む。これでラファエルナダルは全仏初登場から負けなしの21連勝。

ロジャーフェデラーはサービス、ストロークともに安定さを欠いて最後まで完全燃焼できない残念なパフォーマンスだった。雰囲気的にはロブレド戦くらいがピークだったようね。悪いときの癖としてほんの少し打ち急いでいるためフォームが読まれやすく、サービスも体重が乗らずにファーストが入らずといった状況。それでも2セット目を取って変化があるかと思われたが前に出ていくタイミングがなく、ナダルとのバックハンドの打ち合いに負けてクロスに打つとナダルのフォアがダウンザラインに強烈に決まるという最悪のパターン。

ほとんどブレークできずにほぼ完敗の内容だった。一方のナダルは安定したストロークに
スピン量を増してロジャーフェデラーが前に出てくるのを防いで徐々にプレッシャーをかけながらかなり遠くからでもエースが決められるパワーの違いで圧倒した。

この後のウィンブルドンも2人の対決が期待される。久々の2強時代。なかなか後がついていけないがテニス界全体から見れば天才と異能の対決はレベルアップならびにファン層拡大には相当寄与していると思われ、ますます目が離せない。

ナダルは日本にいつ来るのだろうか?

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック