ウィンブルドン2007 雨多し

ディフェンディング チャンピオン アメリーモーレスモが若手で美形 日本でも活躍したヴァイディソワに1-2で敗れた。

雨での中断でリズムに乗りにくい大会。

セレナはハンチコワに右足痙攣にも関わらず雨の中断に助けられて辛勝。

ナダル、ロディックはサスペンディド。

ロジャーフェデラーはトミーハースの棄権で体調を維持したまま勝ち残っている。次は
フェレーロ。まあ勝つでしょう。男子で残っているところで目ぼしいのは貧相なダヴィデンコ
マルコスバグダティス、ヒューイット、ベルディッヒ、ユーズニー
ナダルはソダーリングとファイナルセット4-4で中断中。再開後いきなりフルパワーが
出せるのか難しいコンディションです。ジョコビッチはドイツの曲者キーファーと。

女子はほぼベスト8が出そろう。注目のエナンVSセレナが。セレナの怪我がリカバーできるかがカギではあるが、そのくらいの方が考えてテニスをするかもしれないので脱皮するにはいいチャンスかもしれない。何しろ、右左の繰り返ししかしないストロークなので。

それ以外はヤンコビッチに粘り勝ちした昨年度ジャパンオープンチャンピオン フランスのバルトリとクライチェクが当たります。 美形対決 イワノビッチVS ヴァイディソワ 次の女王の座を狙う2人といってもいい伸び盛り。どちらもストロークが強いのでどう相手にネットでプレッシャーをかけていくか? イワノビッチの方が少し柔軟かな。

クズネツォワは シャラポアVSヴィーナスの勝者と。どう組み合わされても面白い対戦になります。

雨が多いと遅くすべるサーフェスとなりロジャーフェデラーには有利な展開ではあります。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック