ロジャーフェデラー 全豪決勝へ

全豪オープン ロジャーフェデラーはアンディーロディックを
6-2, 7-5, 7-5 のストレート 2時間7分で下して決勝
進出を決めた。 ラファエルナダル フェルナンド ヴェルダスコの
勝者と14回目のグランドスラム タイトルをかけて日曜日に戦う。

デルポトロ戦あたりからサービスのリズムがゆったりして
でも振りきれてコントロールが良くなり、その結果として
ポイントが先行してショットも思うようになり、体も切れ
始めた。

結果としてスイングもゆったりして体重が乗り、ラケットが
遅れてきて相手には全くコースの読めないストロークに
なる。

ロジャーが調子の悪い時はこれが全体に早くなり
ショットが決まりにくくなりリズム崩す。

レッドソックスの松坂大輔の調子の悪い時も似ていて
投げ急いで肩が開き気味になり、結果として体重も
乗らず、手が早く見えるため打者が予測がつきやすく
打たれやすくなる。

ロジャーフェデラー 体の動きも相当早くなって
遠くのボールも伸びて捕まえられているので
14個目のグランドスラムの確率は高そう。

そういえば、ロジャーフェデラーがデルポトロ戦で
ヘディングで決めたシーンがありました。実際には
ノットアップですでにポイントは終わっていたのですが
ナイスヘッド - エンターテーナーでもあります。

女子はセレナがディメンティエワをストレートで
サフィーナも好調のズボナレワを下して決勝で対戦する
ことになった。どちらもメンタルに問題があったが
克服して良い出来なので面白いゲームが期待されます。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック