東芝 RX1をSSDにして WINDOWS7 RC搭載 快適です。

東芝のDynabook RX1 DynabookはWindows系のPCの世界では
King of LAPTOPの呼称もあった世界標準モデル。Windows95の
時代に米国で購入したのが最初で 途中、VAIO505やIBMの
Thnikpadも試してみたが使い勝手は良いと思っている。

インターネットでHDモデルをSSD(メモリーをハードディスクに
見立てるドライブ モーターがないので壊れにくく電源も
食いにくい そして早い さらに静か)に換装する方法が出ていたので
やってみた。SSDはビックカメラで15000円弱。

このページを参考にしました。わかりやすかった。
http://www.h5.dion.ne.jp/~yaden/rx1bunkai.html

システムバックアップ。東芝のアプリの中にDVDに
リカバリするツールがあるので作成しておく。
データもバックアップする。基本何があっても大丈夫なように
常にバックアップは必要です。

バッテリーを外しておく。もちろん電源コードも抜いておく。

背面のネジがS6,S4のマーク以外に無印が数本。サイドにも1つ
ある。なくさないように また 混在しないように気をつける。

メモリーカバーのネジも外す。

これで外れるが、本体と液晶をつなぐ茶色のケーブルは外さないほうが
良いようなので、そのまま

この状態でHDDは置いてあるだけなのでケーブルを外す。
SSDを代わりにおいてケーブルをつなぐ。

ネジを仮止めして電源をつなぎハードディスクを認識するか見る。

OK

ネジをすべて止める。

システムバックアップDVDを挿入 F12キーを押しながら
電源を入れるとどこからブートするのか選べるアイコンが
画面に出るので キーで DVDを選ぶ。

これでいったんVISTAが導入される。

WINDOWS7 RCをセットアップ これは以前書いたとおり。

指紋認証のデバイスなども普通に動いて快適に動作している。

バッテリーの持ちも良くなりサクサク動く。これでマシンの寿命も
2年くらい伸びそう。後は軽量バッテリーを購入するとさらに1年
伸びるかも。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック