ロジャーフェデラー 優勝インタビュー3 / 8 (結婚と妊娠 全仏へのアプローチ)

Q.この優勝とミルカがBabyを授かっているのと 重要度はどうですか? どう考えていますか?

 (オバカな質問だと思うけれどメディアは聞きたいんでしょうね?)
  2つは違う話、違うことだと感じています。プラーベートな生活も私の人生の1部。職業としてのコート上のそれはまた別の人生の1部です。ミルカがどちらにも関係してもらえることは神に感謝しています。 もちろん妊娠はとてもうれしい・ミルカもとてもよろこんでいて、この来るべき夏を楽しみにしています。そして彼女にすべてがうまくいくように希望しています。ですが、それがこの勝利とどのくらい関連しているかはわかりません。 私のキャリアでこの段階で優勝できたことはとても素晴らしいことです。こんな気持ちのよい時間が来るとは思えませんでした。 このタイミングは明らかに特別です。結婚して妊娠して。 たぶんもっと感傷的になるんですけれど、でもそうならないかもしれません。どのくらい関連しているか正直わかりませんね。今、私の人生がとてもよい状態でいることがただうれしいですね。

Q.ジョンマッケンローはここで勝てませんでした。エドバーグもピートサンプラスも たくさんの人々があなたもそうなるんじゃないあと気遣っていました。それを気にしてませんでしたか?

 えーと、いつもこれについては賛成しかねています。ここ数年全仏ではチャンスをとてもたくさん与えられていると感じていました。  (こういった感覚がすごいのかもしれない。チャンスを与えられている。勝ち抜いているのはロジャーだが そこになんらかの客観的な意識が感じられる。謙虚さとも関連しているかもしれないが)

ピートはたぶんセミファイナルに1回進んだだけ。ほかのプレーヤーもたぶん決勝が1度だけ。私は決勝に3回、それ以前にもセミファイナルを経験しています。 ハンブルグのクレーの大会で4回勝っているし、モナコやローマで決勝に出ている。 ラファ(ナダルの愛称)はいないかもしれないけど、私が決勝に残って勝てるだろうと思っていました。私はいつもそう信じてきました。

Q.侵入者がありましたがとても嫌な出来事だったと思いますがどう見て感じたかを教えてください。セキュリティーが彼を止めるにはちょっと年齢が行っていたようにも思いますが。

これに対する答えは 前回のBLOGをご覧ください。

https://robertoplay.seesaa.net/article/200906article_11.html

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック