ロジャーフェデラー ロンドンオリンピック決勝へ 4時間半のバトルを制して

ロンドンオリンピックの男子テニスの準決勝

ロジャーフェデラー VS ホワンデルポトロはセット目のタイブレークを
追いついてファイナルは19-17の大接戦。

NHKの放送も第三セットの途中くらいからがほとんど。
デルポトロもさすがにストロークだけでなくて前に出て
プレッシャーをかけるが、じょじょにパワーダウン。
体力維持は無駄な動きが少ないロジャーの方が
上ということなんでしょうね。

40-30からのフォアのダウンザラインで完全に形を
作ったと思われた逆クロス、体に近すぎてボレーが
ネットでデュース。サービスリターンをダウンザラインに決めて
アドバンテージ。

2度目のマッチポイントはバックハンドストロークの打ち合いが
デルポトロがネットにかけて、そのボールにバックのスライスで
前に詰めて、デルポトロがスライスをあげきれずにネット。
4時間半の試合に決着をつけた、もう1試合はアンディーマレーが
ノヴァクジョコヴィッチに7-5,7-5でストレート。

ウィンブルドン決勝と同じ顔合わせ。イギリスの金メダルのかかる決勝。
ロジャーは 生涯グランドスラムに金メダルがついてゴールデンスラムになる
チャンスでもあります。

女子はセレナウィリアムス VS マリアシャラポアこちらも白熱するゲームに
なるでしょう。 どちらも生で見られないのは残念なカードです。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック